2010年05月27日

口蹄疫 新たに5市町9農家で疑い 宮崎(毎日新聞)

 農林水産省と宮崎県は22日未明、西都市、木城(きじょう)町など5市町の9農家で新たに口蹄疫(こうていえき)の感染疑いのある牛、豚が確認されたと発表した。西都市、木城町での感染疑いは初めて。160〜171例目。県内の感染地は2市5町に広がった。殺処分対象の累計は13万3011頭となった。【小原擁】

【特集】写真や最新記事でみる口蹄疫 

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
【関連記事】質問なるほドリ:口蹄疫ってどんな病気?
【関連記事】口蹄疫:ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に
【関連記事】口蹄疫:感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に

サイバー大学 世界遺産学部の募集停止へ(毎日新聞)
クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
<石綿健康被害>救済対象疾患を追加(毎日新聞)
社民地方組織の半数「連立に残留すべきだ」(読売新聞)
posted by イチハラ ヒロミチ at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。