2010年02月13日

請負業者3社に行政指導=鉄砲水死亡事故−那覇労基署(時事通信)

 那覇市の排水路「ガーブ川」で昨年8月、橋の耐震強度を調査中の作業員4人が鉄砲水に流され死亡した事故で、那覇労働基準監督署は9日、作業を請け負った「間瀬コンサルタント」(東京都世田谷)など3社の社長に対し、再発防止策などを求め文書で指導した。
 同労基署は、書類送検を見送ったことについて「事の重大性をかんがみ、調査したが法律に抵触しないと判断した。(業者側に)全く責任がないわけではない」と説明した。 

【関連ニュース】
スーパー玉出を書類送検=超勤100時間以上、手当払わず
南日本造船と幹部ら書類送検=26人死傷タラップ事故
不当配転で自殺、労災求め提訴=旧J-フォン社員妻-名古屋地裁
「名ばかり女性店長」、過労死認定=マックで講習中倒れる
神戸大病院、残業代不払い=研修医らに1億6000万円

児童の列に乗用車、5人けが…茨城の市道(読売新聞)
4億円不記載 「小沢氏の了承得た」石川容疑者が供述(産経新聞)
産廃事務所に発砲? 窓ガラスに3カ所の穴 茨城・境町(産経新聞)
本州から戻ったトキの雌が雄とペアに(産経新聞)
都庁職員、酒酔い運転で高速の側壁に衝突(産経新聞)
posted by イチハラ ヒロミチ at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

小沢氏、会見で幹事長続投を改めて表明(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は8日夜、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で元秘書の石川知裕衆院議員ら3人が起訴された後初めて記者会見を行い、事件について陳謝したうえで幹事長を続投する考えを改めて表明した。

 小沢氏は事件について「国民や同志に迷惑をかけ、心よりおわびする」と述べた。そのうえで、自らが不起訴となったことを踏まえ、「従来から一貫して、不正なカネは受け取っていないと主張してきた。そのことが明白になったわけだから、その点については理解と認識をいただきたい」と正当性を強調した。

 自らの説明責任については「検察当局の強制捜査を受け、私自身も2度事情説明した。これ以上の説明はないのではないか」と語った。報道各社の世論調査で辞任を求める声が強いことについても「『小沢は不正なお金を受け取っている』という報道が続いたが、そのような不正はなかったことが明らかになった。『小沢は潔白だった』という報道を続けていただき、その後に世論調査をしていただければそのときにコメントする」と述べた。

 野党などが石川被告の議員辞職を求めていることについては「国会議員の職務に関連して責任を問われているわけではない」と述べ、議員辞職の必要はないとの考えを示唆した。

明細書発行を義務付け=来年度から患者全員に無料で−中医協(時事通信)
<高萩市長選>現職の草間吉夫氏が再選(毎日新聞)
飲酒で免職、最多16人=警察の09年懲戒処分(時事通信)
共同採用へ協定締結=小学校教員−秋田県・東京都両教委(時事通信)
ホテルで女性殺害、通報の65歳男を逮捕(読売新聞)
posted by イチハラ ヒロミチ at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」(J-CASTニュース)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる土地取引疑惑に関連する報道で、思わぬところで「場外乱闘」が起きている。大手新聞は小沢氏の不起訴決定後も、厳しい論調を続けているが、一貫して小沢氏擁護のキャンペーンを張っているのが夕刊紙「日刊ゲンダイ」。同紙は大手マスコミの報道姿勢を批判し続けており、小沢氏批判を続けている共産党にも、その矛先を向けた。これに対して共産党側は、「小沢氏批判」批判は「金権政治擁護に通じる」と猛反発しているのだ。

 連日、1面トップを含めて何ページも小沢幹事長関連の特集に割いている日刊ゲンダイは、2010年2月5日発行(2月6日付け)の紙面では、表紙を含めて約3ページ半にわたって、この問題を特集。

■「司法権力の片棒担ぎか」

  「シロでなく灰色だと未練タラタラの真っ黒自民と大マスコミの妄言」

  「暴走検察は何度同じ失敗を繰り返すのか」

  「検察の言いなりになる大新聞の権力ベッタリ」

といった8つの論点を提示し、検察、自民党、大手マスコミなどの批判を展開した。論点のうちのひとつが、

  「自民・石破政調会長や公明、共産は司法権力の片棒担ぎか」

と題したもので、共産党にも矛先を向けている。

 記事では、「今回、とくにおかしいのが共産党だ」と指摘した上で、ジャーナリストの大谷昭宏氏のコメントを紹介。大谷氏のコメントでは、国会が司法権力に対して歯止めをかける必要性があったことを強調した上で、

  「ところが共産党までが、戦前・戦中、特高警察に嫌というほど痛めつけられた歴史があるのに、自民党などと歩調を合わせ、検察権力の味方になっていた。非常に残念です。ガッカリした人が多いと思いますよ」

と共産党を批判。

 さらに記事は、第2次大戦中の言論弾圧事件「横浜事件」で無罪判決が出たばかりだということを引き合いに、

  「そんなタイミングなのに、共産党まで暴走検察にシッポを振っているようじゃあ、連中は永久に懲りないぞ」

と、いわば「捨て台詞」を吐くとも取れる形で結ばれている。

■「『日刊ゲンダイ』の主張は、非常識きわまりない」

 共産党は、普段与党批判は激しく行うものの、メディア批判は多くない。ところが、さすがにこの記事には我慢ならなかった様子で、翌2月6日に機関誌「しんぶん赤旗」が異例の反論記事を掲載した。

 記事は「金権政治を擁護するのか『検察の片棒担ぎ』の暴論」と題して、「疑惑を追及してきた日本共産党に対して『検察権力の片棒を担いできた』などと批判する議論が一部に出ています」と指摘した上で、前出の「日刊ゲンダイ」を名指しした。

 その上で、小沢氏の疑惑は

  「政治のあり方の根本、国民の税金の使い方に関わる大問題」

だとして、検察の捜査とは別に、「しんぶん赤旗」が疑惑を調査報道してきた実績を強調。その上で、

  「それを『検察の片棒担ぎ』と非難するような立場は、結局のところ、金権政治擁護に通じるものといわなければなりません。さらにいえば、戦前・戦中の日本共産党への弾圧と、金権腐敗の摘発・追及を同列に置くような『日刊ゲンダイ』などの主張は、非常識きわまりないものです」

と切り捨てた。

 日刊ゲンダイでは、現段階では「赤旗」側への反論記事を掲載している訳ではないが、2月9日(2月10日付)の紙面では、

  「単純過ぎる世論 この国で民主主義は無理だ」

と題して、「小沢幹事長は、辞任すべきが7割」という世論調査の結果を非難。世論にも批判の矛先を向けつつある。


■関連記事
内閣支持率VS政党支持率 小沢「開き直り」の根拠 : 2010/02/08
「幹事長辞任」に「証人喚問」 主要新聞こぞって小沢氏に厳しい論調 : 2010/02/05
なぜ小沢氏「不起訴」なのか 「秘書の壁」に阻まれる? : 2010/02/04
小沢幹事長の政治団体から 多額の講演料もらうマスコミ人たち : 2010/02/03
小沢氏4億円不記載 朝日、毎日、共同など「不起訴方針」報じる : 2010/02/03

来年度も新型ワクチン接種で負担軽減―厚労省(医療介護CBニュース)
予算成立で鬼退治=鳩山首相(時事通信)
【中医協】感染防止対策加算などを新設(医療介護CBニュース)
漁船銃撃 被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
<オリックス・小瀬選手>自殺か キャンプ先で転落死(毎日新聞)
posted by イチハラ ヒロミチ at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。