2010年01月23日

足利事件再審公判 聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年、4歳女児が殺害された「足利事件」で無期懲役判決を受け、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第4回公判が21日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、菅家さんを事件当時取り調べた際に検事が録音したテープ計4本の再生が始まった。公開の法廷での取り調べテープの再生は極めて異例。足利事件の5年半前に起きた「有美ちゃん事件」も自白した菅家さんが、宇都宮地検の検事には「本当のところはやってないです」と打ち明けるやりとりが法廷に流れた。菅家さんは開廷して45分後、気分がすぐれないとして退廷。公判は約20分間中断した。

 冤罪(えんざい)の構図を究明するため、弁護側はDNA鑑定の検証とともに録音テープの証拠採用を求め、地裁が法廷でのテープ再生を決めた。同日午前に再生されたのは、足利事件の起訴約1カ月後となる92年1月28日分。有美ちゃん事件の処分を決めるための取り調べとみられる。

 やりとりは、取り調べ開始直後に森川大司(だいじ)検事(当時)が「テープを取っていいかな。嫌なら消すから。気にしないでやってくれ」と菅家さんに語り掛ける場面から始まった。体調を気遣うなどの雑談後、検事は菅家さんに、警察で有美ちゃん事件を自白したきっかけを確認。菅家さんは「『菅家じゃないか』というふうに言われまして。でも自分は違うと話したんですよね」と返答した。「最初は否定したのに、後で(自分がやったと)話したきっかけは」と問われると「警察のほうで、強引なところもあるような感じでした。『分かってるんだ』とか言われて。段々段々、自分から『そうです』と話したんです」と説明した。

 検事は終始穏やかに質問したが、菅家さんは調べが進むにつれて口が重くなり、検事が「実際にはどうなの」と問いただすと、約30秒間沈黙した後に「本当のところはやってないです」と小さな声で否認した。その後、足利事件について「間違いないか」と問われ、菅家さんは「はい」と認めた。

 再生されるテープ4本はいずれも森川元検事の取り調べ。21日午後から22日午前までに残る3本が再生され、1審公判中の足利事件について菅家さんが否認に転じ、翌日再び自白する様子などが明らかにされる。【吉村周平、安高晋】

 【ことば】▽有美ちゃん事件▽ 足利事件発生前の84年11月、足利市内のパチンコ店で長谷部有美ちゃん(当時5歳)が行方不明になり、1年4カ月後に畑で遺体で発見される。足利事件の起訴前後の調べで、菅家さんは有美ちゃん殺害容疑を認めるが、県警は92年2月、再逮捕せずに殺人罪では異例となる書類送検の措置をとる。宇都宮地検は1年後、容疑不十分で不起訴とした。

【関連ニュース】
足利事件:取り調べテープ再生 21日から再審公判
足利事件:菅家さん 古里の寺で除夜の鐘を突き年越し
死刑執行:09年は7人、08年から半減 現政権下はゼロ
足利事件:DNA鑑定「問題なかった」…公判で科警研所長
社説:裁判員2年目 プロの力量問われる番

<陸山会土地購入>引き出しは3億円 石川議員供述と差(毎日新聞)
子供たちのあいさつ運動始まる(産経新聞)
<なべ漁場>岩手側で合意 青森の漁業者と新たなすみ分け案(毎日新聞)
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も (産経新聞)
「火つけるのが楽しそう」=中学生が体育館に放火未遂−宮城県警(時事通信)
posted by イチハラ ヒロミチ at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

<ポカポカ陽気>もう春?延岡で20.4度(毎日新聞)

 日本列島は21日も引き続き気温が高く、各地で4月上旬から5月上旬並みの暖かさとなった。移動性高気圧が通過し、南から暖かい風が入り込んだためで、最高気温は宮崎県延岡市で20.4度、東京都府中市で18.9度など、19地点で1月としては観測史上最高を記録した。21日夜から寒気が入り込み、平年並みの寒さに戻る見込み。

 気象庁によると、ほかに1月の最高気温を観測したのは▽群馬県桐生市、さいたま市18.7度▽神奈川県藤沢市18.6度▽栃木県佐野市18.3度▽愛媛県新居浜市17.9度▽奈良県上北山村17.6度▽宮城県女川町14.8度−−などで、いずれも平年を10度程度上回った。沖縄・先島諸島では2日連続で25度以上の夏日となった。【福永方人】

【関連ニュース】
強風:東京・八王子でクレーン車横転
JR羽越線:脱線転覆事故で3人を書類送検 山形
大寒:全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録
雪化粧:朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩
3カ月予報:暖冬傾向続く…10年1〜3月 気象庁

荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
国勢調査、都内ではネットによる回答も可に(読売新聞)
捜査介入のつもりない=「不起訴望む」発言で釈明−鳩山首相(時事通信)
【集う】永六輔トークライブ(12日、東京・千駄ケ谷のサイクルスクエア北参道)(産経新聞)
<環境問題>経済優先のアジアでも関心高まる 博報堂調査(毎日新聞)
posted by イチハラ ヒロミチ at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死の「度胸試し」9階手すりから高1転落(読売新聞)

 16日午後10時頃、那覇市壺(つぼ)川の市営住宅(9階建て)の最上階から、近くの県立高校1年の男子生徒(16)が約20メートル下の2階バルコニーに転落した。生徒は全身を強く打ち、間もなく死亡した。

 県警那覇署の発表などによると、男子生徒は友人の少年2人と一緒に遊んでいた。「度胸試し」として、通路の手すり部分に立って歩くうちに足を滑らせたらしい。

<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)
普天間「早く解決を」=防衛・外務両相と会談−米上院議員(時事通信)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)
センター試験、初日終了へ=埼玉5会場で別室受験(時事通信)
posted by イチハラ ヒロミチ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。